HOME>ホットトピックス>漁船登録票や小型船舶検査証は、しっかり準備しましょう

必要な情報は、調べておきましょう

自動車

中古漁船は、専門の買取店に引取って貰いましょう。専門業者へ依頼し廃船処理する場合、一定の費用を支払わなければなりません。手続きも面倒ですから、買取店に引取って貰ったほうが得策です。買取店で査定を受ける前に、気を付けたいポイントが3つあります。1つ目が、必要な情報を収集しておくという点です。漁船登録票や小型船舶検査証には中古漁船の全長、全幅や深さといった情報が記載されています。査定時には担当者へ、必ずお伝え下さい。2つ目が、保管場所です。係留又は陸置きか、予め伝えておきましょう。陸置きの場合、重機を使ってトラックに乗せて搬出する形になります。

エンジンに関する情報も、伝えましょう

3つ目が、エンジンに関する情報です。中古漁船のエンジンプレートや小型船舶検査手帳には馬力、形式名やメーカー等が記載されています。船外機の場合はメーカーだけではなく、2ストローク若しくは4ストロークいずれかを、必ずお伝え下さい。実働可能か否かも、買取価格に影響を与えます。可能であればアワーメーターの時間も、調べておきましょう。中古漁船はボディーや船底等に、傷等が出来ているケースも珍しくありません。高価買取を期待したい場合は、査定を受ける前にしっかりメンテナンスを行って下さい。

広告募集中